看護師

交通事故から治療までの道

何気ない日々を送る中、突然、交通事故の被害者になってしまうことがあります、狼狽、混乱してしまうのは当たり前ですが、何も出来ず、主張も出来ずでは、不利な状況になってしまう可能性があります。事前に、心構えや知識を持って冷静に対処しましょう。治療までの道のり自体は、案外単純なのです。実体験からから言いますと、大まかな流れは警察→保険屋→病院→接骨院という形でした、交通事故で一番多い症状が、首のムチウチ、駐車中や信号での停車中に後ろから車に衝突してされてしまうことだと思います。その場合警察にすぐに連絡をして、自分に非がないことを早く認めさせた方が良いです、最初から相手が非を100%認めてくれるのなら良いのですが、中々認めない人というのがいるので、話がややこしくなり長引くほど、相手側に有利な状況になってしまうこともあります。事務的な内容が終わったら、ほとんどの場合あとは双方の保険屋同士の話し合いになります、加入してる保険屋が病院を指定してくる場合があるので、その病院に通院し治療することになります。ムチウチの場合、病院での治療はそんなに日数はかからないのですが、場合によっては次の接骨院での治療が長引く可能性があります。状態によりけりですが、首のムチウチは中々治りにくいのです、治療費は全部保健屋が負担するので、妥協は絶対にせず後遺症が残ってしまうと意味がないのでしっかりと治療をしましょう。

menu